セキュリティー強化編 大野輝人税理士事務所様の事例

顧問先自計化、電子申告、広告規制撤廃・・・。ネットワーク化と差別化が不可欠ななか、強固なセキュリティー環境のbeatを活用。

大野輝人税理士事務所 様 外観

大野輝人税理士事務所 様
(大阪府吹田市)

所内LANに加え、出張先や顧問先企業との通信など
ネットワークを有効に活用した業務展開をめざす

従来、主に会計事務専用オフコンを中心に利用してきた会計事務所にも、ここ数年、パソコン化とネットワーク化の波が押し寄せている。大野輝人税理士事務所様では、この変革の波にいち早く対応。所内LANに加え、ブロードバンドインターネットの活用によって、将来的には顧問先企業や出張先・在宅勤務先をネットワーク化。顧問先企業で作成した記帳データからタイムリーに月次決算を作成するなど、より効率的な業務展開と顧問先サービスの強化をめざしている。

大野輝人税理士事務所 様のプロフィール
顧問先は法人・個人ともに約160件。所員数は12名で、計算部隊(記帳代行)と税務処理のアドバイスを担当する判断部隊に分かれている。顧問先自計化の推進、在宅勤務の活用を進め、付加価値の高い判断部門の業務により注力する方針で、その実現に向けてネットワークの構築・活用に積極的に取り組んでいる。

お困りごと

会計事務所にとってネットワークはいまや必須に。
セキュリティーの確保が最大の課題となる。

ネットワークの構築にあたって、大野輝人所長がもっとも懸念していたのは、セキュリティーの問題だ。日々の記帳データから決算・申告データまで、顧問先企業に関わるすべてのデータは会計事務所の生命線とも呼べるもの。それらデータがコンピュータウイルスによって破損したり、不正アクセスによって外部に漏れることは絶対に避けなければならない。「ところが一般にこれまでの会計事務所のネットワークは、ウイルス検知ソフトを利用するくらいで、セキュリティーに関しては無防備ともいえる状態。危機感をずっと抱き続けてきた」と大野所長は打ち明ける。一方、e-Japan計画のもと行政手続きのオンライン化が推進され、平成16年からは国税電子申告・納税システム(e-Tax)の運用がスタートする。また、税理士法の改正で広告規制が撤廃され、ホームページを活用した情報発信やネットワーク活用を自事務所のアピールポイントとすることが、今後ますます重要になる。「我々会計事務所にとって通信ネットワークは無視できなくなっており、速やかにネットワークを構築しなければという焦りもあった」という。このようにネットワーク構築の必要性が日増しに高まるなか、強固なセキュリティー環境をいかに構築するかが、同事務所の大きな課題となっていた。

システム管理者柳澤一生さん

所内でシステム管理者の役割を担う柳澤一生さん。「各PCではウイルス検知ソフトを利用してきましたが、バージョンアップのたびに1台1台にインストールするなど手間がかかっていました」と、システム管理業務で本来業務に支障を来すことも。その負荷の軽減も、ネットワーク構築・運用にあたってのひとつの課題だった。

業務課題と解決への取り組み

長年の「危機感」は、beatの導入で「安心感」へ。
ネットワーク活用のビジョンが大きく広がる。
システム管理者の負担も大幅に軽減。

導入背景

  • 顧問先自計化や電子申告に対応するためにネットワークを整備したい。
  • ネットワーク構築にあたっては、会計事務所にとって最大の課題となる強固なセキュリティー環境を実現したい。

beatで解決

  • beatの常時ウイルスチェック機能とファイアウォール機能で安心してインターネットを活用できる環境を構築。
  • 自社ドメイン取得、ホームページ作成や顧問先企業・在宅勤務先との通信など、ネットワークの本格活用を推進。

導入効果

  • ウイルスや不正アクセスなどを意識することなく、リラックスしてインターネットを活用。
  • 本格的なネットワークの活用により、他事務所との差別化を図り、業務の強化・充実へ。

解決への取り組み

beatがセキュリティーへの不安を解消。
「リラックスしてインターネットを利用できる」環境を実現。

大野輝人税理士事務所様では、ゼロックスの複合機の導入に合わせて所内LANを構築。そのときに紹介されたのがbeatだ。「カタログを見ると、私がずっと感じてきた危機感がすべて解消できるソリューションがそこにあった」と、大野所長は導入を即断。その期待通りに、beatはいくつもの導入効果を生み出している。

最大の効果は、光ファイバーによるインターネット環境を、強固なセキュリティーを確保しながら構築できたことだ。beatでは、常に最新のウイルス定義ファイルを自動更新するため、コンピュータウイルスを事前にシャットアウト。さらにファイアウォール機能によって、同事務所のサーバは外部からは一切見えないので、不正アクセスなどを未然に防ぐことができる。「非常に頑丈な鍵付きの家に住むことができた、というイメージ。ウイルスや不正アクセスをまったく意識することなく、精神的にリラックスしてインターネットを利用しています」と、長年感じ続けてきた不安感を払拭できたと強調する。顧問先企業とのデータのやりとりの際や、今後、e-Taxを利用するようになったときにも、顧問先の大切なデータや自事務所のシステムは、beatがきちんと守ってくれるものと大野所長は大いに期待している。

所内に専任のネットワーク管理者を置くことなく運用できる点も大きな効果だ。それまでシステム管理者の役目を担っていた所員の柳澤さんが「肩の荷が降りた」と話すように、ネットワークの監視・管理は24時間体制でゼロックスが担当。ネットワーク管理者を置くことの難しい会計事務所にとっては大きなメリットだろう。

自社ドメインを取得できたことも、beatの導入効果のひとつにあげる。「広告規制の撤廃によって自事務所をいかにアピールするかは、今後の会計事務所の大きな課題。その中で自社ドメインを持っていることはイメージアップにつながりますし、さらに、ホームページで自事務所の得意分野や強みなどの情報をきちんと提供することによって、新規顧客の開拓にも活用できる」と大野所長。自社ドメインは、とくに顧問先企業の若手経営者に対して強力なアピールポイントになるという。

将来に向けて安心して活用できるインターネット環境を構築。
ネットワークを活かした業務展開で差別化を推進。

将来構想

顧問先企業や在宅勤務先とのデータのやりとりなど
ネットワークの本格活用を積極的に展開。

決算・申告などの大切なデータをウイルスや不正アクセスから守るブロードバンドインターネット環境の実現は、大野所長が思い描くネットワーク活用の姿を一気に現実的なものへと近づけた。出張先から事務所のサーバにアクセスして必要なデータを参照する。在宅勤務のパートさんから記帳代行データを送ってもらい、所内でチェックする。さらに顧問先企業にもbeatを導入することで、より安心できるネットワーク環境の構築へ。このようにネットワークの活用を積極的に推し進めることで他事務所との差別化を図ることをめざしている。

お客様からひとこと

強固なセキュリティー環境を実現するbeatは
"会計事務所のためにできたサービス"

所長 大野輝人様

私は数年来、危機感を持ち続けきました。次から次へと新種が発生するコンピュータウイルスに対して、ウイルス検知ソフトだけで十分なのか。不正アクセスによってデータが漏れたりしないのか。顧問先企業の大切なデータを預かる会計事務所として本格的な対策が必要なのではないか?。そんなときに出会ったのがbeatでした。ウイルス対策機能とファイアーウォール機能を実現しているだけでなく、ネットワーク管理者がいらない、自社ドメインが取得できるなど会計事務所にとってのメリットも数多い。インターネットを有効に活用することで、自事務所の特色を打ち出すこともできます。beatは会計事務所のためにできたサービス。そう呼んでも言い過ぎではないと考えています。

PDFファイルは異なるプラットフォーム(Windows®、Macintoshなど)でも、同様なレイアウト表示を可能にするデータ形式です。PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®最新版が必要です。下ボタンをクリックしてダウンロードしてください。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

資料請求/お問い合わせはこちらから

資料請求/お問い合わせ