ネットワーク管理・運用編 福間商事株式会社様の事例

beatとNetStableで情報資産を社内外の脅威から守る。
リモートアクセスの活用で、情報共有をよりスムーズに。

福間商事株式会社 様 外観
ガラスやサッシの御販売、施工から、外装材や照明器具まで多彩に取り扱う。

福間商事株式会社 様
(島根県出雲市)

ガラスやサッシの卸販売、施工から、外装材や照明器具まで多彩に取り扱う。

創業明治8年、会社組織としても57期目を迎えた歴史ある福間商事株式会社様。もともと、ガラスカットなどの加工を行っており、複層ガラスのJIS工場として高性能遮熱断熱複層ガラスや防犯被層ガラスなどを製造し、販売から施工までを手がけてきた。
現在では、ガラスを中心にサッシ、外装材、室内装飾材からエアコンに至るまで、店舗や住宅に関わる商材を幅広く扱っている。商材が増えるにつれて、当初は島根県内が中心だった販売エリアも、東は鳥取、西は益田まで、山陰エリア全体に広く拡大し、事業展開している。

導入前の課題

本社、出先を含む全社的なウイルス対策が課題に。
Winny、スパイウェアなどの新たな脅威への対処も。

福間商事株式会社様では、2003年にNTT西日本「フレッツ・グループ」による全社WANを構築し、グループウェアのサイボウズを活用して情報共有に取り組んでいた。PCの台数が増える中で、課題となったのがウイルス対策。各PCにウイルス対策ソフトウェアを導入していたものの、個々のPCの管理はユーザー任せの側面が強く、ウイルス定義ファイルのアップデート状況なども統一されていない状態であった。加えて、WinnyなどのP2Pソフトやスパイウェアといった新たな脅威もあり、より強固なセキュリティー対策が必要とされていた。
一方、社員が出張先などで使うモバイルPCからも、サイボウズへリモートアクセスしたいとの要望があった。現状でもリモートアクセス環境の構築は可能なものの、出張のたびにアクセス権を設定する必要があり、利便性の向上が望まれていた。

より充実したウイルス対策
全社員に、都度メールでアップデートの告知をしたり、電話で対応していたが、ユーザ任せの面が大きく、より確実で充実した対策が求められていた。

新たな脅威への対応
ウイルス対策だけでなく、最近ではWinnyなどのP2Pソフトやスパイウェアによる内部からの情報流出も懸念の一つに。より安心して利用できる環境を必要としていた。

利便性の高いリモートアクセス
社内の情報共有として定着しているサイボウズに、より簡単にリモートアクセスできるようにしてほしいとの要望があがっていた。

これまでのシステム構成

解決への取り組み

全社WANの出入り口にbeatを設置。
Winny対策、情報漏洩防止にはNetStable MC-50を活用。

PCごとの対策は、管理者だけでなく、エンドユーザーにもセキュリティーへの高い意識が必要となる。そこでbeatに加え、(株)MCセキュリティーのNetStable MC-50を社内ネットワーク内に適切に配置することで、全社の情報資産をまとめてガード。管理者の負担を軽減し、ユーザーも安心して利用できるインフラの構築を目指した。

  1. フレッツ・グループで構築した全社WANのインターネットへの出口にbeatを導入し・ウイルス・不正アクセス対策を強化
  2. 本社の業務用サーバ群を守るため、本社のネットワークの入り口にNetStable MC-50を設置し、アクセス状況を監視
  3. beat リモートアクセスサービスを活用して、外部からサイボウズサーバへのアクセスの利便性を改善

全社ネットワークを対象にウイルス対策、情報漏洩対策。管理の手間をかけずに安心して利用できるネットワーク環境へ。

解決への視点

業務統括本部 業務部 部長 福間英介 様

beatの導入で、ウイルス対策が格段に楽になりました。ウイルス対策として、以前はエンドユーザーである社員に対して、頻繁にバージョンアップを依頼したり、電話で直接対策を伝えたりしていましたが、今ではbeatから定期的にあがってくるレポートを確認するだけで、新たな脅威からの対策が必要なくなったのがありがたいです。全社のPCに対して、年間でかかっていたウイルス対策ソフトのライセンス料に比べ、費用が抑えられたのもポイントの一つです。

二重三重のセキュリティーが、管理者の負担を軽減。
リモートアクセスによる社外との情報共有の利便性も向上。

導入効果

セキュリティー対策を本社で一元管理。
情報漏洩防止と、不正アクセス監視も同時に実現。

最大の効果は、全社WANのインターネット・ゲートウェイにbeatを設置することで、これまで個々のユーザに依存していた社内PCのウイルス対策を一元化できたことだ。外部からの脅威をシャットアウトできたことで、管理者の負担だけでなくウイルス対策にかかっていたランニングコストも削減できた。さらに、クライアントPCがWinnyの利用やスパイウェアに感染した場合の対策として、本社のサーバ群につながる部分にNetStable MC-50を設置。情報漏洩の防止だけでなく、特定ポートへのアタックなど、不正アクセスに対する監視も強化した。
beatの導入により、社外からのリモートアクセスもより容易になり、出張先の社員だけでなく、社長、副社長の自宅からもサイボウズが利用できるようになった。

導入後のシステム構成

セキュリティー対策の負担を軽減
個々のPCへのウイルス対策に加え、beatを導入することで、アップデートの管理や社内ユーザーに対するウイルス対策のアナウンスが不要となり、管理者の負担が軽減。

社内からの情報漏洩対策を強化
beatが外部の脅威への対策、NetStable MC-50が内部のセキュリティー対策を担う二段構えの体制で、全社のセキュリティーレベルを強化。より安心して利用できるネットワーク環境が実現できた。

リモートアクセスの利便性が向上
出張の都度アクセス権を割り当てていた外部からのリモートアクセスも、beatでその手間が不要に。出張先などから手軽に、安全にサイボウズにアクセスできることで、利便性が向上した。

将来構想

本社にいながらして、全社のPC資産管理も。
積極的なIT投資と活用で、さらなる業務効率化をめざす。

今回のbeat導入により、全社のセキュリティー対策を一元化した福間商事株式会社様。今後もさらに、インフラの整備を検討されている。資産管理の一環として、インストールされているソフトウェアやWindows Updateの状況など、クライアントPCの状態を現場に出向かなくともリモート管理できる体制を目指すほか、IP電話やテレビ会議システムなどの導入も検討中。ITの積極活用で、よりスピーディな意思疎通ができる環境作りをめざす。

お客様からひとこと

業種を問わず「セキュリティー」が重視される今、安心して利用できる情報基盤を整備。

福間英介 様

以前はウイルス対策ソフトのアップデートなどは、どちらかというとエンドユーザー任せで、各PCの状況をきちんと管理できていませんでした。スパイウェアの対策も、ウイルスに比べると感染や動きが目に見えづらいため、なんとかしたいと思っていました。各拠点のパソコンが故障した場合は、電話で対応したり、現地まで出向いて対応していましたが、拠点が東西に広がっているため、時間もコストも非常にかかっていました。今はbeatがあるので本社で対策できているため、管理が非常に楽になりました。PCを使う社員に負担がなく、安心して利用できる環境が整備でき、よかったと思っています。
今後はPCの資産管理を含め、営業から要望の上がっているテレビ会議システムなども検討して、より効率的に人が動かせる環境を整備していきたいと考えています。

PDFファイルは異なるプラットフォーム(Windows®、Macintoshなど)でも、同様なレイアウト表示を可能にするデータ形式です。PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®最新版が必要です。下ボタンをクリックしてダウンロードしてください。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

資料請求/お問い合わせはこちらから

資料請求/お問い合わせ