複数拠点間の安全・安心、簡単、便利なネットワーク接続をより低コストで実現

[2012年03月12日]


・お客様のインターネットVPN接続環境を加速
・「beat/branch-liteサービス」新発売

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、SMB(Small and Medium Business)市場向けのセキュア・ネットワーク・アウトソーシングサービス「beat/basicサービス*1(ビート ベーシックサービス)」で提供している、複数拠点間のインターネットVPN*2接続サービス「beat/branchサービス(ビート ブランチサービス)」に、より低価格で提供する「beat/branch-liteサービス(ビート ブランチライトサービス)」を追加し3月15日から発売します。

SMB市場においてはIT機器の普及が進むなかで、拠点数や事業所の規模、ネットワークの利用状況やシステム管理の形態に応じたITマネジメント、ネットワーク環境の構築が求められていますが、そのための十分な投資や人材の確保が難しいという課題を抱えています。

beat/branch-liteサービスの特長

「beat/branchサービス」と同様に、インターネット通信とネットワーク管理を本社で集中して行う「集中管理型インターネットVPN」で、 お客様の複数拠点間において、ネットワークの管理者を配置することが難しい少人数の出張所や店舗などと本社をネットワーク接続する場合に適したインター ネットVPNサービスです。

出先とのインターネットVPN接続を低コストで実現

必要機能の絞り込みを行うことで、月額7,800円/一拠点という安価なサービス料金を実現しました。これまでコストの問題から拠点間のネットワーク接続を実現できていなかった出先にも、強固なセキュリティーのインターネットVPNを構築することが可能となります。

ネットワーク構築・運用の手間とコストを削減

ネットワークの構築・運用に関わる各種サービスにより、各拠点へのネットワーク管理負担をかけない環境を実現し、安心してネットワーク環境を利用す ることができます。ネットワークの回線状況やハードウェアを24時間365日リモートで監視し、セキュリティー対策や障害対応などにかかるお客様の業務と コストの負担を低減します。さらに、障害発生時や操作説明などにはオペレーターが電話対応し、必要に応じてオンサイト保守を手配するなど、充実したサポー ト体制でITマネジメント、ネットワーク環境の構築を支援していきます。

*1
安心で効率的なネットワークの構築・運用をワンストップで提供する、SMB市場向けITインフラのアウトソーシングサービスです。
*2
VPN(Virtual Private Network):仮想専用回線。インターネットや地域IP網など複数のユーザーが利用する公衆回線網で、通信するデータや経路の暗号化により、あたかも 専用線のような機密性を備えた拠点間通信を実現する技術、またはサービスです。

標準価格

商品名標準価格(税別)
beat/branch-lite サービス   7,800円/月
beat/branch-lite初期登録サービス 50,000円/件

beat/branch-lite サービス概要

主な仕様

ブランチネットワーク仕様

項目内容
接続可能拠点数の上限 最大200*3
1拠点利用者数の上限 〔beat/basic サービス〕の〔beat-box〕の〔利用者数の上限〕を参照*4
全体利用者数の上限 最大2,500*3
利用可能回線/ISP FTTH、ADSL等のブロードバンド回線(ブランチハブII拠点はFTTHを推奨)
仮想ネットワークトポロジー ハブ・スポーク型
beat-boxのWAN側IPアドレス条件 ブランチハブII:グローバルIPアドレス ブランチ、スポーク:条件なし
beat-boxの仮想ネットワーク側IPアドレス指定 お客さま指定、自動割当のいずれも可
ドメイン オリジナルドメインの指定が必須
仮想ネットワーク内ルーティング 自動
仮想ネットワーク確立所要時間 インターネット接続後最大2分以内(自動)
仮想ネットワーク転送可能プロトコル TCP/IP、UDP/IP、ICMPなど
beat-boxが接続されているセグメント以外のホスト間の通信 設定により可能
beat-box以外のDNSの名前解決 設定により可能
VPN接続できる拠点種別 ブランチハブII拠点、ブランチ拠点、スポーク拠点
利用者情報、設定情報、ライセンス情報等の管理 ブランチハブII拠点、スポーク拠点は各拠点で管理
ブランチ拠点はブランチハブII拠点で管理
対インターネット通信の経路 集中型(ブランチ拠点の対インターネット通信はブランチハブII拠点を経由)
beat-boxのウイルスチェック ブランチハブII拠点、スポーク拠点は各拠点で実施
ブランチ拠点はブランチハブII拠点で実施
不正な通信対策設定 各拠点(ただしブランチハブII拠点の設定が優先)
他拠点管理機能 他拠点の電源管理、シングル・サイン・オン機能
QoS機能 あり:パケット優先制御機能
*3
ブランチハブII拠点、ブランチ拠点、スポーク拠点の合計。
*4
ブランチ拠点の利用者数はブランチハブII拠点の利用者数に含まれます。

beat-box(ブランチライト拠点用)

項目内容
ウイルスチェックの対象 メール送受信(POP、SMTP)およびWWW(HTTP、FTP)
ファイヤーウォール方式 完全遮蔽式
メール送受信方法 2段階送受信
メール容量 ブランチハブII拠点のメール容量を共用*5
メーリングリスト機能 登録メンバー全員へのメールが配信可*6
外部IDCでのメール利用 外部メール連係にて可
共有フォルダー Windows® 互換ファイルシステム
共有フォルダー容量 ブランチハブII拠点の共有フォルダー容量を共用*5
簡易グループウェア スケジューラ・施設予約・掲示板の提供*6
LAN・WAN側IPアドレス 動的(DHCP)および、静的アドレス利用可
DNS 自身の名前解決のみ可
利用者管理 利用者の追加/削除とパスワードの変更など*6 *7
利用者数 ブランチハブII拠点の利用者数に含まれる*5
接続クライアント数 最大253台まで利用可能
レポーティング ブランチハブII拠点beat-boxの状態についてのレポートを参照*5
表示機能(ブランチライト拠点) 回線障害履歴、ネットワークポート情報、各beat-boxの情報
設定機能(ブランチライト拠点) 静的ルート設定、DHCP設定、回線・ISP変更、QoS設定
ツール pingコマンド、tracerouteコマンド、nslookupコマンドの実行および結果の表示
*5
「beat/basic サービス」の「beat-box」仕様をご参照ください。
*6
ブランチハブII拠点の機能を共用。
*7
原則、ブランチハブII拠点のbeat-box責任者によって実施。
 

本件に関するお問い合わせは、メールまたは当社お客様相談センターまで

  • メールによるお問い合わせは こちら
  • お客様相談センター フリーダイヤル:0120-27-4100 (土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)