アウトソーシング

ネットワークの構築・運用・管理にかかる手間やコストをアウトソーシングにより低減します。

これまでネットワークの構築・運用・管理で発生していた業務をbeatがトータルサポート。ネットワーク管理の負担を軽減します。さらにbeat-noc(ネットワークオペレーションセンター)とコンタクトセンターが障害発生時にすばやく対応することで、常に安心して利用できるネットワーク環境をアウトソーシングにより実現できます。

beat-nocとコンタクトセンターの連携でお客様の負担を軽減

リモート監視

beat-nocがお客様先に設置されたbeat-boxや回線状況を、24時間365日リモート監視し、ネットワークやbeat-box自身の障害、ウイルス検知情報などを把握します。

ここでいう「24時間365日の有人監視」とは、beat-nocの運用監視を指します。beatコンタクトセンターでの有人監視および対応時間とは異なります。

主な監視内容

  • beat-boxとbeat-noc間接続障害
  • beat-box インターネット接続障害
  • beat-boxのハードウェア障害
  • beat-boxのHDDシステム領域の使用率
  • ウイルス検知アラートの取得
  • 重要な更新変更エラーの取得

コンタクトセンターへのアラート通知

beat-nocはリモート監視で取得した回線障害やbeat-boxの障害アラートをお客様の担当者とコンタクトセンターに自動通知。beat専任のオペレーターが電話やリモートによって迅速な障害復旧にあたります。修理が必要な際は、全国をカバーする富士ゼロックスおよび関連会社のサービス網のエンジニアがスピーディーに対応します。beatの操作説明などもコンタクトセンターが丁寧に応対します。

beat-boxの死活監視は対象となりません。

自動ソフトウェアアップデート

beat-boxで稼動するウイルスチェック用定義ファイルや、新しい不正アクセス対策用のパッチ、新バージョンのプログラム、お客様管理画面などは、beat-nocから自動でアップデートされ、beat-boxは常に最新の状態に保たれます。

面倒なネットワーク環境の構築をbeatがトータルサポート

手間なくネットワークを構築

beatの導入は簡単です。beatサービスには、導入時に必要な機器設置や各種設定作業も含まれています。導入時には、専門知識を持った富士ゼロックスおよび関連会社のbeat専任スタッフがお客様に代わって手間のかかる作業を行いますので、お客様の手をわずらわせることはありません。また、beatサービスに含まれないLANの設計・構築についても、マルチベンダーサービスで対応します。お客様との詳細な打ち合わせのうえで、ニーズに合ったネットワーク環境の構築を支援します。障害発生時にも、電話/リモートサポートで障害切り分けと修復を行うITあんしんサービスパックIIで対応。 運用時のサポートまでをトータルに支援します。

資料請求/お問い合わせはこちらから

資料請求/お問い合わせ