機能紹介

beat-boxは、インターネットの出入り口で一元的にセキュリティー対策を行うため、ウイルス、スパイウェア、不正な通信、迷惑メールなど、さまざまな脅威からオフィスのネットワーク全体を保護します。さらに、内部からの情報漏えい対策、クライアントPCのウイルス対策などのオプションも充実。

不正アクセス防止対策ウイルス・スパイウェア対策不正な通信対策迷惑メール対策
PC用ウイルス対策Webフィルタリング対策プライバシーマーク・ログ機能

外部からの不正アクセス防止対策(ファイアウォール機能)

独自技術のファイアウォールが不正アクセスをシャットアウト。
インターネット上からbeat-boxの存在を隠し、ハッカーによる攻撃の危険性を回避。
ソフトウェアの脆弱性を補強する修正パッチの自動適用や、攻撃への対策がbeat-noc経由で随時実施されるので、管理者の負担も軽減されます。

ウイルス・スパイウェア対策

メールやWebアクセス時のウイルスやスパイウェアをインターネットの出入り口で自動検出。
最新のウイルス定義ファイルをbeat-noc経由で24時間リモートで自動適用するため、新種ウイルスにもスピーディーに対応します。

不正な通信対策(IPS : 不正侵入防止システム)

beat-boxを通過する通信パケットの内容や振る舞いを検査し、不正な通信を検知して遮断。
さらに、違法性のない場合でも情報漏えいやウイルス感染などのリスクのあるアプリケーションの通信も遮断します。次々と発生する新たな脅威に対しては、beat-nocが新種の不正な通信やアプリケーションに対応するためのシグネチャーファイルを自動でダウンロードし最適な状態に保ちます。

迷惑メール対策

外部から受信する迷惑メールを自動判定。
迷惑メールと判定された場合は、メールの件名に特定の文字列が追加されます。利用者は簡単に対処でき、メールチェック負担による業務効率の低下も防ぎます。

PC用ウイルス対策[オプションサービス]

beat/active サービスでは、クライアントPC用アンチウイルスソフトをオプションで提供しています。各クライアントPCにアンチウイルスソフトをインストールすることでウイルス対策を二重化し、USBやDVDなどのメディアからのウイルス侵入を防止することで、より強固なセキュリティー環境を実現します。

Webフィルタリング対策[オプションサービス]

beat/active サービスでは、業務上不要なWebサイトへのアクセスを制限するサービスをオプションで提供します。情報漏えいのリスクを低減するとともに、私的利用から発生するタイムロスをなくして業務効率を向上します。

プライバシーマーク・ログ機能

プライバシーマークに対応したログ機能を利用できます。

資料請求/お問い合わせはこちらから

資料請求/お問い合わせ