基本サービス

beat-boxbeat-nocbeat コンタクトセンター

「beat/active サービス」はbeat/activeの基本となるサービスです。
お客さまの事業所内に設置する[beat-box]の監視や管理を行う[beat-noc]、お客さまからのお問い合わせやトラブルに対応する[beatコンタクトセンター]の3つの機能から構成されます。
インターネットVPNやリモートアクセスなどのさまざまなサービスを利用する場合にも、「beat/active サービス」を利用することが前提となります。

注記:
表示価格は、事業者向けに税別で表示しています。

価格

サービス名 標準価格(税別)
beat/active サービス 12,800円/月
beat/active 初期登録サービス 60,000円/件

beat-box

項目 内容
利用可能回線 FTTH、ADSL等のブロードバンド回線
アンチウイルス 有効/無効切替 無(有効のみ)
対象 メール送受信(POP3、SMTP、サブミッションポート)、Web閲覧(HTTP、FTP)

※対象のプロトコルであってもポート番号や、ファイルの種類、容量によってはウイルススキャンの対象にならない場合があります。

利用エンジン Antiy Labs社製
不正な通信対策(IPS) 有効/無効切替 有(不正な通信対策の初期値は有効、対象の通信の初期値は有効、対象のアプリケーションの初期値は無効)
対象の通信
  • DDoSサーバ/クライアント間の通信
  • DoS攻撃・バッファオーバーフローを狙った攻撃
  • バックドアによる通信・トロイの木馬による通信
  • FTP、POP、SMTPなど様々なサービスの脆弱性を突く攻撃
  • プロトコルアノマリ攻撃
※対象の通信は変更になる場合があります。
対象のアプリケーション P2P : Winny、eMule(eDonkey)、Cabosなど
メッセンジャー : ICQなど
リモートアクセス : VNC、pcAnywhereなど
※対象のアプリケーションは変更になる場合があります。
利用エンジン 株式会社MCセキュリティ製
迷惑メール判定 有効/無効切替 有(初期値は無効)
主な機能
  • 自動判定機能
  • 迷惑リストおよび許可リスト判定機能
  • レポート表示機能
利用エンジン Cloudmark社製
ファイアウォール 有効/無効切替 無(有効のみ)
メールアドレスおよび利用者数 標準60
※オプションのbeat/active 利用者追加サービスにより10単位で440まで追加し、500まで登録可能。
利用者管理機能 主な機能 利用者、メールアドレスの追加・削除やパスワードの変更など
利用者アカウント(メールアドレス)文字制限
  • 最初の文字は英数字でなければなりません。
  • 全体の文字数は2文字~31文字でなければなりません。
  • beatで始まるアカウント名、および下記のアカウント名は使用できません。
.htaccess、adm、admin、alias、apache、bin、daemon、dbus、default、ftp、games、gdm、gopher、haldaemon、halt、ident、lp、mail、mailer-daemon、mailnull、named、mqueue、news、ncsd、nfsnobody、nobody、ntp、operator、pcap、postgres、postmaster、qmaild、qmaill、qmailp、qmailq、qmailr、qmails、radvd、rcp、root、rpc、rpcuser、rpm、shutdown、smmsp、squid、sweep、sync、tomcat、tomcat4、tty、uucp、vcsa、vpasswd、vpasswd.cdb、wnn、www、xfs
接続クライアント数の上限 お客さまネットワーク設定に依存。推奨は最大250台程度。
レポート参照 現在のインターネット接続/過去の不正な通信・禁止アプリケーション検知回数/アンチウイルスの定義ファイルバージョン
表示機能 イーサネットポート情報
その他表示・設定機能 パケットフィルター設定/不正な通信対策設定/ネットワーク接続設定
週間稼働状況レポート 不正な通信対策/http・ftpウイルスチェック/メールウイルスチェック/迷惑メールチェック
プライバシーマーク・ログ機能 ▼アクティブセンターハブ拠点、 アクティブセンター拠点、 アクティブブランチハブ拠点、 アクティブブランチ拠点で利用可能なログ一覧
  • 利用者管理履歴*1
  • メール送信履歴*1
  • メール受信履歴*1
  • メール送信ウイルスチェック履歴*1
  • メール受信ウイルスチェック履歴*1
  • FTPアクセス履歴
  • beat-box責任者管理履歴
  • RAS接続履歴
  • Webアクセス履歴
  • HTTPウイルスチェック履歴
  • FTPウイルスチェック履歴
  • 不正な通信対策履歴
  • パケットフィルター履歴
  • beat設定ページ、高度な設定のアクセス履歴
  • DHCP履歴
  • 認証失敗履歴
  • 外部からのアクセス履歴
▼beat/branch-lite拠点で利用可能なログ一覧
  • beat設定ページ、高度な設定のアクセス履歴
  • DHCP履歴
  • 認証失敗履歴
  • 外部からのアクセス履歴
*1
 beat/basic サービスと仕様が異なります。

beat-noc(ネットワーク・オペレーションセンター)

項目 内容
契約情報管理 お客さまごとの設置先情報、サービス契約情報、アカウント情報、ネットワーク情報などをbeat-boxとbeat-noc間で同期
自動アップデート
  • プログラムモジュール(Patch、新バージョンの各プログラム)
  • OS(基本ソフトウェア:カーネル)
  • WWWページ(管理画面更新データ)
  • ネットワーク管理エージェント
  • アンチウイルスや不正な通信対策機能(IPS)の最新定義ファイルなど
リモート監視
  • beat-boxのハードウェア関連のアラート(メモリアロケーション)の取得、管理
  • 重要な更新変更エラー・ログの取得
  • beatコンタクトセンターへの通知
※beat-boxの死活監視は除く

beat コンタクトセンター

項目 内容
対応時間 受付時間:8:00 ~ 21:00(平日)
9:00 ~ 18:00(土、日、祝日、12月31日~ 1月3日)

※beatコンタクトセンターからのご連絡は9:00以降とさせていただきます。

機能
  • beatサービス利用中の使い方や障害発生時の問い合わせ対応
  • beat-nocと連携し、beatサービス利用環境の維持・管理を支援

資料請求/お問い合わせはこちらから

資料請求/お問い合わせ