※beat/basicサービスおよび一部オプションサービスの新規お申し込みは、2017年6月13日をもちまして終了いたしました。

基本構成

基本-サービスとなるbeat/basic サービスはお客様のオフィスに設置されるbeat-box(富士ゼロックスの資産で販売はしておりません)、beat-boxのソフトウェア更新や不正アクセス動作状況を監視するbeat-noc(ネットワーク・オペレーションセンター)、クライアントPCで利用するbeat-client、そしてお客さまからの問い合わせに対応するbeatコンタクトセンターで構成されています。

基本構成図

beat-box(ビート ボックス)

ファイアーウォールやウイルス対策、迷惑メール対策、IPS(侵入防止システム)などの様々なセキュリティー対策を中心に提供するセキュリティーアプライアンスで、お客様の施設内に設置します。(お客様へ販売する機器ではなく、富士ゼロックスが所有の資産となります。)

beat-noc(ネットワークオペレーションセンター)

beat-boxのリモート監視・管理や、お客様の契約内容の更新など、サービス」の提供を維持するためのさまざまなプログラム、データの管理を行います。

beat コンタクトセンター

beat-nocのリモート監視により、beat-boxやネットワークのトラブルを検知し対処にあたります。また使い方に関するお客様からのお問い合わせにお答えします。必要に応じてCEの手配も行います。

beat-client(ビート クライアント)

お客様のクライアントPCにインストールするソフトウェアで時刻合わせ、通知警告メッセージの表示、ファイルバックアップなどを行います。

資料請求/お問い合わせはこちらから

資料請求/お問い合わせ