外部PCのアクセス制限

許可されていないPCによる社内ネットワーク接続をシャットアウト
いくら社内のPCのセキュリティー対策を徹底しても、ウイルス感染したPCを持ち込まれたり、情報を盗もうとし外部PCが持ち込まれ、社内ネットワークに接続されることで、情報漏洩やウイルス侵入の危険性が高まります。beatでは外部PCの接続を制限する動的IPアドレスの割当許可機能によりセキュリティー上のリスクを軽減します。

未知のPCが接続されてもネットワークを利用させない

社内ネットワークに接続されたPCはbeat-boxが自動検知

beat-boxが社内ネットワークに接続するPCを自動検知し、そのリストをbeat設定ページで確認することが可能です。
接続許可するPCに対してIPアドレスの割当を許可することで、社内ネットワークへの接続が可能になり、許可したくないPCに対しては許可の操作をしなければ、IPアドレスの割当は行われません。

接続許可を行わなければ社内ネットワークは利用できない

外部から持ち込まれたPCがネットワークに接続され検出された場合、beat設定ページで接続許可の操作を行わなければ、そのPCにはIPアドレスの割当が行われず社内ネットワークと通信することができません。
これにより、外部から持ち込まれたPCによる情報漏洩やウイルス感染のセキュリティーリスクを軽減することが可能です。

資料請求/お問い合わせはこちらから

資料請求/お問い合わせ