※beat/basicサービスおよび一部オプションサービスの新規お申し込みは、2017年6月13日をもちまして終了いたしました。

ホームページ/メールのセキュリティー対策

SSL機能、メール暗号化などで自社ホームページやメールセキュリティーリスクを軽減

ビジネスに欠かせないホームページの公開やインターネットメールの利用においてもセキュリティー対策を施すことは重要です。オプションの「beat/idc ホスティングサービス」(インターネット・データ・センター)では、自社ホームページの公開時にSSL機能を提供。例えば自社ホームページ上から顧客情報や取引先情報を取得する際にhttpsで通信を暗号化することで情報漏洩のリスクを軽減します。また、メールの送受信やホームページのアップロード/ダウンロード時にも通信を暗号化しますので、インターネット利用時のセキュリティーリスクを軽減することが可能です。

自社ホームページのセキュリティー

SSL機能

「beat/idc ホスティングサービス」(オプション)で自社ホームページを公開し、顧客情報等の重要なデータを取得する場合、SSL機能で暗号化通信することでインターネットに情報漏洩するリスクを軽減することができます。

ホームページのダウンロード/アップロード時も暗号化

「beat/idc ホスティングサービス」(オプション)によるデータのダウンロード・アップロードは、通信が暗号化されていますので、ホームページ上から入力した顧客情報等のダウンロードや重要なデータのアップロード時でも情報漏洩のリスクを軽減することができます。

メールのセキュリティー

メールの暗号化

インターネットを流れる電子メールの利用は、盗聴やなりすまし、改竄といったセキュリティーリスクが伴います。「beat/idc ホスティングサービス」(オプション)によるメールの送受信はメールボックスとbeat-boxの間で暗号化されていますので盗聴やなりすましなどのセキュリティーリスクを軽減することが可能です。

社内間のメールはインターネットを経由せず安全

外部のIDCによるメール利用では社内間のメールでも、盗聴やなりすまし、改竄などのセキュリティーリスクを伴うインターネットを経由して行われます。beatによる社内間のメールはインターネットを経由せず送受信が行われるため、安心して利用することができます。

メール送信時の情報漏洩対策

Bcc送信制限

ToとCcに社内、Bccに社外を宛先としてメールを送信する場合、社内情報が社外に漏洩する可能性があります。
beatのBcc送信制限機能を有効にすることで、このようなメール送信をブロックすることができます。

配信専用メーリングリスト

複数の異なる顧客に同一のメールを送信する場合、Bccに複数の顧客アドレス指定することで可能になりますが、誤ってCcやToに指定してしまうと送信先に他の顧客のメールアドレスが漏洩してしまう危険性があります。
beatの配信専用メーリングリストを利用すれば、互いにメールアドレスを知らせずに配信することができます。

資料請求/お問い合わせはこちらから

資料請求/お問い合わせ