※beat/basicサービスおよび一部オプションサービスの新規お申し込みは、2017年6月13日をもちまして終了いたしました。

迷惑メール対策

beat-boxが迷惑メールを自動判定し業務効率の低下を防ぎます
大量の迷惑メールが届くことでメールのチェックや不要メールの削除が業務効率の低下を及ぼします。また、業務上重要なメールが迷惑メールに紛れることで、顧客や取引先へのアクションが滞り、信頼を損ねたりビジネスチャンスを逃す恐れがあります。さらにはフィッシングメールによるセキュリティーリスクや大量の迷惑メール受信によるシステム障害など、迷惑メールによる被害は深刻化しつつあります。beatの迷惑メール対策機能により、業務効率の低下やセキュリティー上のリスク低減に貢献します。

迷惑メール対策機能の概要

迷惑メール自動判定機能

beat/basic サービスが標準で提供する迷惑メール対策機能は、beat-boxが受信するメールを自動で判定します。迷惑メールと判定されたメールは Subject(件名)欄に特定の文字列が挿入され、クライアントPCで利用するメーラー(メールソフト)で振り分け設定することで、迷惑メールと業務上必要なメールの振り分けを自動化することが可能になります。

迷惑メール自動判定の仕組み

  1. beat-boxがメールを受信。
  2. 受信メールがbeat-box内の迷惑メール判定エンジンに送られる。
  3. 迷惑メールエンジンが「迷惑メールの特徴を抽出した情報」を生成。
  4. 「迷惑メールの特徴を抽出した情報※1」をクラウドマーク社判定サーバーへ送信し、迷惑メールかどうかの判定を委ねる。
  5. beat-boxに判定結果を返す。
  6. 迷惑メールと判定された場合Subject(件名)に特定の文字列※2を追加。
  7. クライアントPCがbeat-boxからメールを受信。メールソフトの振り分け設定で、迷惑メールを処理。

※1 メールのヘッダ情報や本文、添付ファイルなどの文字や数値をある一定の規則で変換されたもの。一度変換された情報は元に戻すことができないため、利用者のプライバシー情報が漏れる心配はありません。
※2 1文字以上10文字以内の半角英数字で任意の文字列を設定可能。

例外アドレス設定

発信元(from)のメールアドレスまたはドメイン名を設定することで、設定した発信元のメールを迷惑メールと判定したり、判定から除外することができます。この設定は自動判定よりも優先されます。

レポート機能

beat-boxが受信したメール(判定対象となったメール)と迷惑メールと判定されたメールの件数や割合などを集計して表示することができます。 集計は月曜から日曜までの1週間単位で行い、先々週、先週、今週の3世代分が表示されます。

資料請求/お問い合わせはこちらから

資料請求/お問い合わせ