#
beatサービス ヘルプ

基本サービス > メールサービス > 迷惑メール判定機能

「迷惑メール判定機能」について

迷惑メール判定機能は、迷惑メールと判定されたメールの件名(Subject)に、文字列(件名タグ:初期値は「[spam]」)を付加するものです。
   例: "Re: Your Query" → "[spam] Re: Your Query"

Outlookなどのメールクライアントを設定することにより、迷惑メールと判定されたメールを特定のフォルダーに振り分けることが可能です。メールクライアントの設定は任意です。

本機能の各設定は、beat-box責任者のみが行うことができます(ただし、メールクライアントの設定は、各利用者がお使いのメールクライアントごとに行ってください)。

「スパムウイルス判定機能」について

スパムウイルス判定機能とは、迷惑メール判定機能を利用したウイルス判定機能です。
迷惑メールと判定されたメールに対して、添付ファイル等が特定の条件を満たす場合に、ウイルスと判定します。
ウイルスと判定されると、通常のウイルス検知時と同様にウイルスが含まれているメールを削除します。

  • 受信者にはウイルスが含まれたメールであったためメール受信を中止した旨をメールで通知します。

  • 通知メールでは、メールの送信者、件名、送信日時、宛先、ウイルス名などの情報をお知らせします。

  • ウイルス判定された際の通知メールに記載されるウイルス名は「SPAM_VIRUS」となります。

ご利用の前に

迷惑メールと判定されたメールを特定のフォルダーに自動で振り分けるには

各種メールクライアントのメール振り分け機能を利用することで可能です。
設定例については、以下のページを参照してください。

メールクライアントの設定例

注意事項など

迷惑メール判定機能では、米国Cloudmark社の判定機能を利用しています。判定方法の詳細は、迷惑メール判定精度を維持するために非公開となっています。

本機能の詳細と注意事項については、以下のページを参照してください。

迷惑メール判定機能の注意事項

操作手順

beat-box責任者は、「beat設定ページ」の「迷惑メール判定管理」機能に、アクセスすることができます。
各メニューの詳細については、以下のリンクを参照してください。

有効/無効

レポート

件名タグ変更

例外アドレス設定