#
beatサービス ヘルプ

オプションサービス等 > コンテンツフィルター > 設定手順について

設定手順について

beat-box責任者が行う設定です。

初期設定やフィルタリング設定など、コンテンツフィルターをご利用になるために必要な各設定の手順は以下のとおりです。
詳細な手順については、各項目のリンクを参照してください。

1.コンテンツフィルターを「有効」にします。

コンテンツフィルターをご利用になるためには、コンテンツフィルターを「有効」にします。

コンテンツフィルターを有効/無効にする

※ HTTPSのフィルタリング機能をご利用になるためには、HTTPSのフィルターを「有効」にします。

HTTPSのフィルターを有効/無効にする

はじめてコンテンツフィルターをご利用になる場合、おまかせフィルター設定のフィルター強度「中」が設定されます。
この設定は基本ルールとして、常時全員のWebアクセスに対して適用されます。

2.フィルタリング方式を選択します。

基本ルールでは初期値として「ブラックリスト方式」が設定されています。
特定のWebサイトのみ閲覧を許可する場合は、フィルタリング方式を「ホワイトリスト方式」に変更してください。

ルールの変更

※「ブラックリスト方式」の場合は、おまかせフィルター設定やカテゴリー選択の設定によりフィルタリングを行います。

3.選択したフィルタリング方式ごとに必要な設定を行います。

【ブラックリスト方式の場合】

1.おまかせフィルター設定のフィルター強度「中」でフィルタリングされるカテゴリーに過不足がある場合、フィルター強度を変更します。

おまかせフィルター設定


2.おまかせフィルター設定でフィルタリングされるカテゴリーがお客様の社内ポリシーに合わない場合、カテゴリーごとにアクセスの禁止/警告/許可を設定します。

カテゴリー選択の設定


3.個別に閲覧を許可またはブロックしたいWebサイトが存在する場合、閲覧許可/禁止リストに該当するURLを登録します。

閲覧許可/禁止リストの編集


【ホワイトリスト方式の場合】

1.閲覧を許可するWebサイトのURLを閲覧許可リストに登録します。

閲覧許可/禁止リストの編集

4.必要に応じてフィルタリングのルールを追加します。

対象者や時間帯などを指定してWebアクセスを制限する場合は、新規にルールを作成します。

複数のルールでフィルタリングを行う場合、作成したルールに優先度を設定することや、複数のルールに対して共通の設定を一括で適用することができます。

アドバンス設定

運用/管理について

Webアクセス記録(ログ)の出力やレポートの表示、現在の設定状態の確認など、運用/管理に関する手順は以下のとおりです。

詳細な手順については、各項目のリンクを参照してください。

ログ出力について

beat-box責任者が行う設定です。


ログの出力/保存期間の設定を行います。

ログ出力について

レポートについて

beat-box責任者のみ表示可能です。


フィルタリング結果のレポートを表示します。

レポートについて

固定IPアドレスの確保/設定について

beat-box責任者、各利用者が行う設定です。


ルールの対象者をIPアドレスで指定する場合、クライアントPCに固定IPアドレスを設定することをお勧めします。

固定IPアドレスの確保/設定について

Webブラウザーの一時ファイル(キャッシュ)の削除について

各利用者が行う設定です。


コンテンツフィルターの設定を変更した場合、Webブラウザーの一時ファイル(キャッシュ)を削除することをお勧めします。

Webブラウザーの一時ファイル(キャッシュ)の削除について

閲覧申請可否設定について

beat-box責任者が行う設定です。


beat-box責任者へ閲覧申請を行うための「閲覧申請」ボタンを、表示または非表示に設定します。

閲覧申請可否設定について

現在の設定状態の確認

beat-box責任者のみ確認可能です。


カテゴリー選択や閲覧許可/禁止リスト、各ルールの設定状態を確認します。

現在の設定状態の確認