#
beatサービス ヘルプ

基本サービス >ライセンス管理

ライセンス管理について

ライセンス管理について

beatサービスでは、PC用のソフトウェア(クライアントソフトウェア)も提供しています。

ご提供にあたり、使用制限を行うことがあり、その仕組みをライセンス管理と呼びます。


ライセンス管理は、beat-box単位で行います。

beat-boxは、対象のソフトウェア名称、ライセンス総数、使用中ライセンス数について管理しています。

インストールするときには、クライアントソフトウェアのインストーラーが、beat-boxと通信し、残ライセンスを確認しています。確認の結果、ライセンスが残っていない場合には、インストールできないという仕組みです。


利用者は、ライセンス管理の状況を一覧で確認することができます。ライセンスの強制停止については、beat-box責任者のみが操作できます。

管理対象のソフトウェア

以下のクライアントソフトウェアはライセンス管理対象です。

名称 最大ライセンス数 ライセンス有効期間 有効期限更新タイミング 有効期限更新頻度
beat-client 253 14日間 PC起動時 1回/日
beat-hpmaker 253 14日間 PC起動時 1回/日
beat/anti-virus オプション契約に準ずる 31日間 PC起動時(更新失敗時には一定間隔でリトライ) 1回/日
※ beat リモートアクセスサービス(オプション)用クライアントソフトウェアであるbeat-accessは、ライセンス管理されていません。

ご利用の前に

ライセンス更新

インストール後、クライアントソフトウェアを使い続けるには、有効期限の更新が必要です。

有効期限は、クライアントソフトウェアが定期的にbeat-boxと通信し、自動更新されます。

クライアントソフトウェアは、PCの起動時に更新を試みます。


重要

有効期限を更新するには、beat-boxとの通信が必要です。

ノートPCをオフィス外に持ち出した場合などには、有効期限の更新はできません。

ライセンス有効期限切れ

ライセンスの有効期限が切れると、クライアントソフトウェアを利用することができなくなります。

beat-boxと通信が出来ず、有効期限を更新できない状態が続くと、「ライセンス有効期間」経過後にはライセンスの有効期限が切れます。

その場合、PCに割り当てられていたライセンスは、beat-box上で強制停止され、未使用のライセンスになります。


有効期限が切れた場合でも、次の条件を両方とも満たせば、再度ライセンスの有効期限を更新できるようになります。

  • 未使用のライセンスが1つ以上あること。
  • PCがbeat-boxに通信できること(すぐにライセンスの有効期限を更新したい場合には、beat-box配下でPCを再起動してください)。

重要

beat/anti-virusのライセンス有効期限が切れた場合、ソフトウェアは正常に動作しません。

そのままの状態でPCをご利用になるのは危険です。早急にライセンスを更新してください。

注意

PCの時刻を以前に戻すなどの操作を行うと、ライセンス管理機構が、その時刻変更を検知して、ライセンスを無効にすることがあります。

操作手順

設定ページへのアクセス方法

beat設定ページへアクセスします。

beat設定ページ 《ライセンス管理》 へのリンク


または、「beat設定ページ」のトップページ(“http://beat-box.<お客様ドメイン>:8080/”)から、[設定]、[ライセンス管理]へ進んでください。

注意

「beat設定ページ」を表示させるには、beat-box配下からアクセスする必要があります。

beat-boxと通信できない環境では、 「beat設定ページ」を表示できません。

ライセンス一覧の表示

利用者は、beat設定ページでライセンス管理の状況を一覧で確認することができます。

  1. beat設定ページの「ライセンス管理」ページへアクセスします。
  2. 表示されたメニューから[一覧]をクリックします。
  3. ライセンス状態を一覧したいソフトウェアを選択します。ソフトウェア名称の左側のラジオボタンを選択し、「割当状況の表示」ボタンを押します。
  4. 割当状況詳細が表示されます。

「割当状況詳細」では、次の情報を表示することができます。

情報 説明
コンピューター名 ライセンスを使用中のPCのコンピューター名を表示します。
※各PCのコンピューター名は以下の方法で確認できます。
【Windows 7をご利用の場合】
「コンピューター」⇒「システムのプロパティ」⇒「コンピューター名」を確認します。
【Windows 8.1をご利用の場合】
デスクトップ画面の右上隅、または右下隅にカーソルを合わせチャームを表示⇒「設定」⇒「PC情報」⇒「コンピューター名」を確認します。
【Windows 10をご利用の場合】
「設定」⇒「システム」⇒「バージョン情報」⇒「PC名」を確認します。
MACアドレス ライセンスを使用中のPCのネットワークアダプターのMACアドレスを表示します。
※MACアドレスとは、PCのネットワークアダプターの固有IDです。 通常はこの値を気にする必要はありません。
インストールバージョン ライセンスを使用中のPCにインストールされているソフトウェアのバージョンを表示します。
※オプションのソフトウェアに関して表示されます。
「UNKNOWN」と表示された場合は、PCを再起動するかライセンスが再取得されるまで(最大で24時間)お待ちください。
有効期限 ライセンスの有効期限を表示します。

ライセンスの強制停止

beat-box責任者は、beat設定ページでライセンスを強制停止することができます。

  1. beat設定ページの「ライセンス管理」ページへアクセスします。
  2. 表示されたメニューから[強制停止]をクリックします。
  3. ライセンスを強制停止したいソフトウェアを選択します。ソフトウェア名称の左側のラジオボタンを選択し、「個々のライセンスの表示」ボタンを押します。
  4. 割当状況詳細が表示されます。
  5. コンピューター名の左側のチェックボックスにチェックし、「強制停止」ボタンを押します。
  6. ライセンスの割り当てが解除されます。


通常、クライアントソフトウェアをアンインストールすると、ライセンスは自動でbeat-boxに返却されます。

アンインストール時にbeat-boxと通信できなかった場合や、PC が故障した場合には、ライセンスを自動では戻せません。

ライセンスの強制停止を手動で行う必要があります。


注意 強制停止の操作を頻繁に行うと富士ゼロックスに通知される場合があります。
PCの故障などの必要な場合に限って利用してください。