#
beatサービス ヘルプ

基本サービス > メールサービス > メールクライアント設定 > 補足

メールクライアント設定の補足

メールクライアント設定のページにおけるメールアドレスの表示について

beat/idcをご利用でない場合、「メールクライアント設定」ページのアドレスの中には1つだけアンダーラインが付いているものがあります。これは、下記のメールクライアントのPOPアカント欄にbeat-boxのアドレスの"@"よりも左側を入力した場合に受信されるメールアドレスを示しています。詳細は次項の「[メールボックスのアカウント名]の"@"を入力できない場合」を参照してください。

[メールボックスのアカウント名]の"@"を入力できない場合

通常、《メールクライアント設定のページ》の[メールボックスのアカウント名]に表示される部分は、メールクライアントの該当箇所に"@"も含めてすべて入力しなければなりませんが、メールクライアントによっては該当箇所に"@"を入力できない場合があります。これは、インターネットFaxなどの機器やサービスに対応した利用者で多くみられます。


このような場合、beat-boxのメールアドレスの"@"よりも左側を入力してください。これにより、指定したbeat-boxのメールアドレスに対応する利用者のメールボックスの中から次の規則でメールボックスが特定され、そのメールボックスのメールのみがメールクライアントで受信されます。

  • beat/idcの利用にかかわりなく、外部メール連係があれば、外部メール連係のメールボックスになります。1人の利用者に対して複数の外部メール連係がある場合には、《メールクライアント設定のページ》で一覧されるメールアドレスのうち、アンダーラインが付いているものになります。
  • beat/idcを利用していて、外部メール連係がなければ、beat/idcのメールボックスになります。
  • beat/idcの利用がなく、外部メール連係がなければ、利用できません。

※ beat/idc のメールボックスを指定したい場合は、この利用者に外部メール連係を行わないでください。