#
beatサービス ヘルプ

基本サービス > メールサービス

ご利用になる前に

  • beat/basicサービスのメールサービスではメールの送受信を2段階で行い、メールのウイルスチェックを実行します。
  • ISP各社が迷惑メール対策として行っているOP25B(Outbound Port 25 Blocking)については、こちらをご覧ください。

メール設定方法(外部IDC利用の場合)

beat/basicサービスではIDC(インターネットデータセンター)の種類によってメールの設定手順が異なります。
ここでは外部IDCを利用する場合のメール設定方法について説明します。beat/idcを利用(別途beat/idcホスティングサービスの契約が必要です)してのメール送受信の設定方法はbeat/idcのメールサービスをご覧ください。

ワンポイント 外部IDCの契約内容確認
これから行う設定には、外部IDCの契約内容(メールアドレス、メール受信サーバーのホスト名、メール送信サーバーのホスト名、メールボックスのアカウント名、メールボックスのパスワードなど)が必要です。

設定方法

1.設定前の準備(利用者登録)

beat-boxに利用者登録されてますか?メールサービスの設定の前には利用者登録が必要です。

2.外部メール連係

設定前の確認が終ったら、まずは「外部メール連係」を行います。

3.メールクライアントの設定

「外部メール連係」が終ったら、次に「メールクライアントの設定」を行います。

外部idcの設定フロー

迷惑メール判定機能

迷惑メール判定機能では、迷惑メールと判定されたメールの件名(Subject)に文字列(件名タグ:初期値は「[spam]」)を付加するものです。
   例: "Re: Your Query" → "[spam] Re: Your Query"

Outlookなどのメールクライアントを設定することにより、迷惑メールと判定されたメールを特定のフォルダーに振り分けることが可能です。
メールクライアントの設定は任意です。

迷惑メール判定機能

補足

IDCの種類について

IDCとは、インターネットデータセンター(Internet Data Center)のことです。
メールボックスやホームページ公開用の、インターネット上にあるサーバーなどのディスクスペースを指します。

beat/idcとは

「外部とのメールの送受信」、「お客様のホームページの公開」、を担うbeat専用のインターネットデータセンターです。 ご利用にはbeat/idcホスティングサービスの契約が必要です。詳細はbeat/idcをご覧ください。

外部IDCとは

beat/idc以外のIDCを「外部IDC」と呼びます。

ワンポイント beat/idcホスティングサービスをご契約で、お客様が独自のドメインをお持ちでない場合には 、「beat設定ページ」のログイン画面でメールアドレス記入欄の右側に「@intranet」と表示されます。