#
beatサービス ヘルプ

基本サービス > 高度な設定 > 設定 > 静的ルート設定

操作の前に

静的ルート設定について

静的ルート設定は、LAN内を複数のセグメントで分けている場合などに設定が必要となります。
beat-boxが所属しているセグメント以外へのアクセスが発生したときに、セグメント内のどの機器(ルーター等)を経由すべきかを指定するものです。

beatのシステムに自動設定されるルート情報を変更することはできません。また、動的ルーティングの指定はできません。

各PCのゲートウェイについて

静的ルート設定を利用するには、直接もしくは間接的にbeat-boxがゲートウェイになっていなければなりません。
beat-boxをゲートウェイにしないのであれば、beat-boxに静的ルートを設定する必要はありません。

各PCのゲートウェイは次のように決定されます。

  • beat-boxのDHCPサービスを利用
      → デフォルトゲートウェイはbeat-box
  • beat-box以外のDHCPサービスを利用
      → そのDHCPサービスが配布するデフォルトゲートウェイ
  • DHCPサービスを利用しない
      → 各PCに固定設定されたもの

ルーティングされた通信のウイルスチェックについて

静的ルート設定により、LAN側の別ゲートウェイにルーティングされた通信は、beat-boxでウイルスチェックされません。
ウイルスチェックは、beat-boxのLAN側のネットワークからWAN側のネットワークへアクセスした際に機能します。

操作手順

操作手順について

静的ルート設定のサブメニューの各機能は次のとおりです。

  • 一覧
    「静的ルート設定」において設定したルート情報を一覧表示します。自動設定されている情報は表示されません。
  • 変更
    新たなルート情報の追加、既存のルート情報の削除および変更が可能です。
  • 設定を戻す
    「静的ルート設定」を直前の状態に戻します。誤った設定を行った場合に利用してください。
  • システム
    「静的ルート設定」において設定したルート情報と、自動設定されている情報を合わせて表示します。必要に応じて参照してください。
注意

静的ルート情報を正しく設定しないとネットワークが機能しなくなる恐れがあります。
静的ルート情報の変更は注意して行ってください。

静的ルート設定の詳細については、以下のリンクを参照してください。

設定する情報や変更操作について

VPNサービスご利用時の注意点