#
beatサービス ヘルプ

基本サービス > 共有フォルダー > 共有フォルダーのバックアップ

「共有フォルダーのバックアップ」について

「共有フォルダーのバックアップ」は、beat-boxの共有フォルダー内のファイルを、beat-box以外のサーバーへ自動バックアップする機能です。
バックアップ対象に指定した共有フォルダーを、「バックアップ先機器」として指定したNAS(LAN接続ハードディスク)などへ定期的に自動バックアップします。

beat-boxは、ハードディスクを2台内蔵しミラーリング(RAID1)しています。ハードディスクの故障によるファイル消失リスクを低減させるためです。しかし、beat-box自体の盗難や、災害などによるbeat-boxの破壊が発生した場合は、共有フォルダー内のファイルは失われてしまいます。
「共有フォルダーのバックアップ」機能をご利用いただくことで、beat-boxの盗難や破壊が発生したとしても、バックアップされた状態に復旧することが可能になります。
本機能は、誤ったファイル削除や誤ったファイルの上書きなど、誤操作からの復旧を目的としたものではありません。誤操作とバックアップ処理のタイミングによっては、ファイルの復旧が可能な場合もありますが、誤操作からの復旧は基本的にはできません。

バックアップ先機器はお客様がご用意ください。バックアップ先機器のサポートはbeatサービスの範囲外となります。

バックアップ処理の詳細について

バックアップデータは世代管理されます。バックアップ先のフォルダーには最大2世代分のデータが置かれます。

詳細については以下のリンクを参照してください。

バックアップ処理の詳細

ご利用の前に

ご利用までの流れ

サービス利用開始時に行う、初期設定のおおまかな流れは以下のとおりです。


1.バックアップ先機器の準備と設定をします。

  • バックアップ先機器の設置場所を決定します。ネットワークで接続されている複数の事業拠点がある場合には、異なる拠点に設置することをお勧めします。
  • バックアップ先機器を選定します。動作確認済機種のご利用をお勧めします。
  • バックアップ先機器を設置し、設定します。ネットワークに接続し、バックアップ用フォルダーなどの設定をします。

※その他詳細については以下のリンクを参照してください。

バックアップ先機器の準備と設定

2.バックアップ対象のフォルダーやスケジュールを設定し、処理状況を確認ます。

  • beat設定ページにアクセスし、「共有フォルダーのバックアップ」機能を有効にします。
  • バックアップ先機器の情報を登録し、バックアップ対象のフォルダーやスケジュールを設定します。
  • バックアップ処理状況の確認や、処理の即時実行および中止を行います。

※その他詳細については以下のリンクを参照してください。

バックアップ設定


バックアップ状況

3.バックアップ先機器からファイルを復旧します。

  • 盗難や災害などによって、beat-box自体を失った場合には、beat-boxの再設置が必要です。この作業に関してはコンタクトセンターにお問い合わせください。
  • beat-boxに共有フォルダーを作成し、バックアップ先機器からデータをコピーします。

※その他詳細については以下のリンクを参照してください。

復旧について

ご利用上の注意

「共有フォルダーのバックアップ」機能をご利用になる前には、必ず以下のご利用上の注意をお読みください。


注意事項

操作手順

各メニュー詳細

各メニューの詳細については、以下のリンクを参照してください。

バックアップ設定


バックアップ状況