#
beatサービス ヘルプ

基本サービス > ApeosPort連携 > スキャン > らくらくスキャン

ご利用の前に

「らくらくスキャン」の設定内容について

複合機の表示設定

設定内容の詳細については、以下の表を参照してください。

※「複合機の表示設定」は任意です。初期値から変更する場合のみ設定を行ってください。

設定項目 内容
利用者選択機能 利用者選択機能を使用するか設定します。
(使用しない、使用する)から選択してください。

利用者選択機能ついては、以下のリンクを参照してください。

利用者選択機能について

保存先表示数 複合機の操作パネルの1画面に表示する、保存先の共有フォルダーの数を設定します。
(4個、8個)から選択してください。
保存結果の表示 複合機の操作パネルに保存結果を表示することができます。
(表示しない、表示する)から選択してください。

※「表示する」を選択した場合、複合機の操作パネルに以下の内容が表示されます。
  • 正常に保存された場合:「スキャン保存を完了しました」
  • 保存に失敗した場合:「スキャン保存に失敗しました」
  • 保存中に中止した場合:「スキャン保存を中止しました」

保存先設定

「らくらくスキャン」で使用できる共有フォルダーは、最大20個です。

※「保存先設定」は、「らくらくスキャン」をご利用になるために必要な設定です。


設定内容は以下のとおりです。

設定項目 内容
保存先共有フォルダー 保存する共有フォルダーのパスを入力します。
外部サーバーなどの共有フォルダーを設定してください。
共有フォルダーの
ユーザーID
ユーザーIDを入力します。
外部サーバーのログインIDや、共有フォルダーがあるPCのログインIDを設定してください。
共有フォルダーの
パスワード
共有フォルダーのパスワードを入力します。
操作画面での表示名 操作画面で表示されるフォルダーの名称を入力します。
アイコン 共有フォルダーのアイコンを指定します。
任意のアイコンを選択してください。
読み取り解像度 画像の読み取り解像度を設定します。
(200dpi、300dpi、600dpi)から選択してください。
カラーモード 原稿を読み取るときのカラーモードを選択します。
(自動、カラー、グレースケール、白黒)から選択してください。
原稿の画質 原稿の画質を設定します。
(文字/写真、文字、写真)から選択してください。
出力ファイル形式 出力するファイル形式を設定します。
(TIFF/JPEG自動、PDF、DocuWorks)から選択してください。
地色除去 地色除去を行うか設定します。
新聞や下地(背景)に色が付いている原稿の下地の色を除くことができます。
(しない、する)から選択してください。
裏写り防止 裏写り防止を指定するか設定します。
薄い紙に両面にプリントしてある原稿などの裏が写らないようにできます。
(しない、する)から選択してください。
スキャン時のパラメーターの変更 スキャン実行時に「出力ファイル形式」「解像度」「カラーモード」の設定の変更を許可するかを設定します。
(許可する、許可しない)から選択してください。
  • 「許可する」を選択した場合
    複合機の操作パネルで、「出力ファイル形式」「解像度」「カラーモード」の変更ができます。
  • 「許可しない」を選択した場合
    複合機の操作パネルで、「出力ファイル形式」「解像度」「カラーモード」の変更ができなくなり、本ページで設定した内容が適用されます。
    また、パラメーターの変更を許可する/しないに関わらず、「原稿の画質」「地色除去」「裏写り防止」は複合機の操作パネルでの変更はできません。
    本ページで設定した内容が適用されます。
メモ メモを残したい場合に入力します。
※ メモの入力は任意です。

「利用者選択機能」について

「利用者選択機能」は、複合機の操作パネルから「らくらくスキャン」を起動する際に利用者の選択を行い、「らくらくスキャン」の機能を拡張してご利用いただける機能です。

「利用者選択機能」の設定

「利用者選択機能」の初期値は「使用しない」になっています。

ご利用になるためには、beat設定ページで設定を変更する必要があります。

ファイル名履歴の保存

「利用者選択機能」を利用している場合は、入力したファイル名がユーザーの履歴として保存されます。

保存できるファイル名の履歴は最大20個です。ファイル名の履歴が20個ある場合は、一番古い履歴が削除されます。


重要

ファイル名履歴の保存は、一部の機種ではご利用になることができません。

対応機種については、お客様サポートサイト上の「対応機種一覧」を参照してください。

対応機種一覧

ファイル名について

初期値

「らくらくスキャン」を利用してファイルを出力した場合、初期値として以下の形式でファイル名が付与されます。

  • 利用者選択機能を利用していない場合

    ファイル名初期値 : "img"  "-"  "ApeosPortのMACアドレス(下位24bit)"  "-"  "YYMMDDhhmmss" "拡張子(pdf/xdw)"

    出力例 : 「img-123456-091231020405.xdw」


  • 利用者選択機能を利用している場合

    ファイル名初期値 : "ユーザーID(最大10桁)" "-" "YYMMDDhhmmss" "拡張子(pdf/xdw)"

    出力例 : 「beatUser-101201102030.xdw」

注意

ApeosPortVの一部の機種では、利用者選択機能を利用している場合でも、「利用者選択機能を利用していない場合」の形式でファイル名が付与されます。

キーボードからの入力

ファイルを出力する際に、複合機のソフトウェアキーボードからファイル名を入力することができます。

ファイル名の入力値制限は以下の通りです。


  • 入力できるバイト数は最大で50バイト(半角50文字)です。
    全角と半角カタカナは半角2文字分に換算されます。
  • 次の文字は使用できません。
    "\"  "/"  ":"  "*"  "?"  "”"  "<"  ">"  "|"  ";"
  • ファイル名の先頭に半角スペースは使用できません。
重要

キーボードからの入力は、一部の機種ではご利用になることができません。

対応機種については、お客様サポートサイト上の「対応機種一覧」を参照してください。

対応機種一覧

操作手順

beat設定ページへのアクセス方法

下記のリンクから、beat設定ページへアクセスします。

beat設定ページ 《らくらくスキャン設定》 へのリンク


または、「beat設定ページ」のトップページ(“http://beat-box.net-beat.com:8080/”)から、[設定]、[ApeosPort連携管理]、[サービス設定]、[らくらくスキャン設定]へ進んでください。


ワンポイント

ログイン画面が表示されたら、[ログインID]欄にbeat-boxのログインIDを、[パスワード]欄にbeat-boxのパスワードを入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。

注意

「beat設定ページ」を表示させるには、beat-box配下からアクセスする必要があります。

beat-boxと通信できない環境では、「beat設定ページ」を表示できません。

複合機の表示設定

  1. 「サービス設定」ページを開き、[らくらくスキャン設定]をクリックします。
  2. 「複合機の表示設定」の[変更]ボタンをクリックします。
  3. 利用者選択機能、保存先表示数、保存結果の表示を設定して、[次へ]ボタンをクリックします。
    各項目の詳細については、複合機の表示設定を参照してください。
  4. 内容を確認の上、[確定]ボタンをクリックします。
  5. 登録が完了します。

保存先設定の追加

  1. 「サービス設定」ページを開き、[らくらくスキャン設定]をクリックします。
  2. 「保存先設定」の[追加]ボタンをクリックします。
  3. 共有フォルダーなどの設定を入力して、[次へ]ボタンをクリックします。
    各項目の詳細については、保存先設定を参照してください。
  4. 内容を確認し、[確定]ボタンをクリックします。
  5. 追加が完了します。

保存先設定の変更

  1. 「サービス設定」ページを開き、[らくらくスキャン設定]をクリックします。
  2. 変更を行う保存先の[変更]をクリックします。
  3. 設定を変更して、[次へ]ボタンをクリックします。
  4. 内容を確認し、[確定]ボタンをクリックします。
  5. 変更が完了します。

保存先設定の削除

重要

すべての保存先を削除してしまうと、「らくらくスキャン」をご利用になることができません。
最低1つ以上の保存先を設定してください。

注意

「保存先設定の削除」を行っても、実際の共有フォルダーや共有フォルダー内に保存されているファイルなどは削除されません。


  1. 「サービス設定」ページを開き、[らくらくスキャン設定]をクリックします。
  2. 削除を行う保存先の[削除]をクリックします。
  3. 内容を確認し、[設定を削除]ボタンをクリックします。
  4. 削除が完了します。