#
beatサービス ヘルプ

基本サービス > 複合機/プリンター管理 > ご利用上の注意

注意制限事項

本機能で収集・表示するあらゆる情報は、以下の理由により正しく収集・表示できない場合があります(ただし、以下の理由に限定されるものではありません)。

  • 本機能が「無効」に設定してある場合
  • 複合機/プリンター本体にて、SNMPポート(UDP)が起動されていない場合
  • beat-boxと複合機/プリンターとの間のネットワークに、なんらかのトラブルがある場合
  • 複合機/プリンターに設定されているコミュニティー名と、本機能で登録した機器登録情報のコミュニティー名が異なる場合
  • 本機能に登録された機器登録情報はそのままで、機器本体を交換(入れ替え)した場合
  • 複合機/プリンターに設定されているIPアドレスと、本機能で登録した機器登録情報のIPアドレスが異なる場合

本機能の面数/枚数の情報に関する注意

本機能は複合機/プリンターがもつ出力情報を 3時間ごとに収集するため、複合機/プリンター本体のメーターカウントとは差異が生じる場合があります。
そのため、本機能の面数/枚数の情報は、料金計算等に利用しないでください。

本機能の用紙/消耗品の残量情報に関する注意

本機能は複合機/プリンターがもつ残量情報を3時間ごとに監視するため、用紙や消耗品を補充・交換 しても、本機能の画面に反映されるまでに最大 3時間の時差が生じる場合があります。
そのため、本機能の残量情報は、複合機/プリンターの操作パネルや CentreWare Internet Services における残量情報と一致しない場合があります。

本機能の消耗品切れ通知に関する注意

本機能は、複合機/プリンターがもつ消耗品残量に関する警告情報を 3時間ごとに監視し、警告がある場合にはそれをメールにて通知します。
そのため、機器が発する消耗品残量に関する警告と、通知メールの受信には最大3時間の時差が生じる場合があります。

本機能のWeb管理画面およびCSVファイルにおける値の文字化け、情報の欠落について

以下の条件に該当する場合は、値が文字化けしたり、情報が表示されないことがあります

  • 富士ゼロックスが定める MIB定義、またはRFC(Request for Comments)にて定められたMIB定義に準拠しない情報
  • 本機能の自動判別にて認識できない文字コードの情報

本機能に登録されている複合機/プリンターの本体を交換する場合の注意

本機能に登録されている機器本体を交換すると、本機能は当該機器からの情報収集を自動的に停止します。


機器本体を交換(入れ替え)する場合の手順

本機能に登録された機器本体を交換(入れ替え)する場合、以下の手順で行ってください

《交換後、現在ご使用中の機器をIPアドレス変更して継続使用する場合》
  1. 現在ご使用中の機器のIPアドレスを変更する。
  2. 本機能の[機器の情報/状態/登録]にて当該機器情報のIPアドレスを、手順1.で設定したIPアドレスに合わせて変更する。
  3. 新たに設置する機器を、本機能の[機器の情報/状態/登録]にて新規に登録する。
《交換後、現在ご使用中の機器を撤去する場合》
  1. 本機能の[機器の情報/状態/登録]にて、当該機器情報を削除する。
  2. 新たに設置する機器を、本機能の[機器の情報/状態/登録]にて新規に登録する。
重要 機器登録情報を削除すると、当該機器に関する情報が削除されますので、必要に応じて削除前にCSVファイルの出力等をおこなってください。
注意 本機能に登録された機器本体を交換すると、当該機器からの情報収集が自動的に停止します。