#
beatサービス ヘルプ

基本サービス > 高度な設定 > 設定 > 不正な通信対策設定 > 検知状況

「検知状況」について

不正な通信対策機能を有効に設定している期間に検知された、不正な通信を一覧で表示することができます。

  • 一覧では、新しいものから最大で200件表示します。
  • 最大表示件数以内でも、古い検知状況は削除される場合があります。
  • 停電やディスク障害等の理由により、検知状況の一部が表示されない場合があります。
項目 説明
検知年月日 検知した年月日、曜日、時刻を表示します。
通信内容 検知した通信の内容を表示します。
検知モジュールとシグネチャーIDの組み合わせにより特定されます。
アクション 検知した通信に施した処理を "遮断" または "通過" で表示します。
検知モジュール 検知したモジュール名を表示します。
シグネチャーID 検知したモジュールが参照する複数のシグネチャーのうち、マッチしたシグネチャーIDを表示します。
送信元IPアドレス:ポート番号 検知した通信の送信元IPアドレスとポート番号を表示します。
送信先IPアドレス:ポート番号 検知した通信の送信先IPアドレスとポート番号を表示します。
プロトコル 検知した通信のプロトコルを表示します。