#
beatサービス ヘルプ

オプションサービス等 > コンテンツフィルター

コンテンツフィルターについて

※「beat コンテンツフィルターサービス」はオプションサービスです。ご利用になるには別途契約が必要です。
※ご契約になっていないお客様向けに、正式版と同様の機能を21日間ご利用になれる「おためし版」を提供しています。

「beat コンテンツフィルターサービス」とは、有害なWebサイトや業務上必要のないWebサイトへのアクセスを制限することができるサービスです。


アダルトサイトや掲示板など、情報漏えいにつながる可能性のあるWebサイトへのアクセスを制限することにより、内部からの情報流出のリスクを最小化することができます。

また、社内での私的なインターネットの利用を制限することで、生産性の向上等も期待できます。


コンテンツフィルターでは、インターネット上にある膨大なWebサイトをアダルトや掲示板など複数のカテゴリーに分類し、それぞれのカテゴリーに対してフィルタリングの動作を設定することでアクセスを制限できます。また、特定のWebサイトのURLを登録することで、個別に閲覧をブロックしたり許可することも可能です。


フィルタリング方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。

フィルタリング方法について

アクセス制限時の動作

Webサイトへのアクセスがブロックされた場合

Webサイトへのアクセスがブロックされた場合は、ブラウザーに以下のような画面が表示されます。

表示された画面からbeat-box責任者へ閲覧申請を行うことができます。


Webサイトへのアクセスが警告された場合

Webサイトへのアクセスが警告された場合は、ブラウザーに以下のような画面が表示されます。

表示された画面からbeat-box責任者へ閲覧申請を行うことができます。


また、警告されたWebサイトの閲覧を希望する場合は、3分間のみ閲覧することが可能です。


ご利用の前に

ご利用上の注意

コンテンツフィルターをご利用になる場合の注意事項を説明します。

詳細は以下のページを参照してください。

注意事項

操作手順

設定手順について

初期設定やフィルタリング設定など、コンテンツフィルターをご利用になるために必要な各設定の手順については、以下のリンクを参照してください。

設定手順について

運用/管理について

クライアントPCの設定や現在の設定状態の確認など、運用/管理に関する手順については、以下のリンクを参照してください。

運用/管理について

おためし版について

「beat コンテンツフィルターサービス」をご契約になっていないお客様向けに、おためし版を提供しています。

おためし版について