#
beatサービス ヘルプ

はじめに > beat-box

beat-boxについて


お客様のオフィスに設置するbeatサービス専用の装置です。

所有権は富士ゼロックスにあり、故障時には無償で修理・交換いたします。

インターネットとLANの両方に接続し、不正アクセスなどの攻撃を防ぎつつインターネット上のサービスと通信し、 LAN向けに各種ネットワークサービスを提供します。


beat/entry サービスで提供されているbeat-boxは、「beat-box-mini1」、「beat-box-mini2」の2種類があります。
beat-box上面のラベルには、シリアル番号を記載しています。


beat-box-mini2

現在、最新のbeat-boxです。 (2013年7月から提供)
beat-box-mini2のシリアル番号は2から始まる6桁の番号です。

beat-boxの各部の名称と機能については
以下のリンクを参照してください。

ボックス

beat-box-mini1

旧バージョンのbeat-boxです。
beat-box-mini1のシリアル番号は7から始まる6桁の番号です。

beat-boxの各部の名称と機能については
以下のリンクを参照してください。

ボックス
重要 beatサービスを安心してご利用いただくため、beat-boxをご使用前に必ず安全上の注意をお読みのうえ、正しくご利用ください。

安全上の注意

インジケーターの表示


インジケーターはbeat-boxの動作状態を表します。

正常動作時や起動中、エラー発生時など、詳細についてはインジケーター一覧表を参照してください。

電源オン/オフ/再起動の方法


電源オンとオフ、再起動の方法は以下を参照してください。

次のような場合には、beat-boxの電源をオフにしてください。
 (1)事前にわかっている停電などがある場合
 (2)移動などのために電源アダプターを取り外す場合

注意 beat-boxが稼動しているときに、電源アダプターを抜いて、電源をオフにしないでください。