#
beatサービス ヘルプ

はじめに > beatサービス > 仕様

仕様について

主な機能の仕様や制限事項について

beatサービスで提供する主な機能の、仕様や制限事項は次のとおりです。
だだし、機能改善などを目的として、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

機能・サービス 仕様・制限事項
アンチウイルス

次の通信を対象としてウイルスチェックを行います。ウイルスを検知した場合には通信を遮断したり、メールの送受信を中止します。ただし、どれの場合もSSL/TLS (STARTTLSを含む) は除きます。

  • http(ポート80番) (双方向)
  • ftp(ポート21番およびデータコネクション) (双方向)
  • pop3(ポート110番)
  • smtp(ポート25および587番)


次のファイルは対象となりません。

  • 圧縮ファイルでrar、zip、jar、tar、tgz、tar.gz、gz、bz2、cab、arj、7z、 iso、lzh 以外のもの
  • 自動解凍ファイルでzip-sfx、rar-sfx、7z-sfx、cab-sfx、nsis install 以外 のもの
  • 圧縮ファイルやアプリケーションファイルでパスワード保護や暗号化されて
    いるもの
  • 一定サイズ以上のファイル(攻撃を防ぐために具体的な上限値は公表を
    控えさせていただきます)

 

次の場合にはウイルスを検知できない場合があります。

  • 新種のウイルス
ファイアウォールおよび通信

beat-boxのインターネット側ネットワークからLAN側ネットワーク へ接続要求を行うすべての通信を遮断します。

 

LAN側から接続要求を行う通信のうち、次の通信は初期状態では禁止しています。設定によって通過させることが可能です。

  • pop3 over SSL/TLS (ポート995番)
  • pop3 over SSL/TLS (ポート110番でSTARTTLSによるもの)
  • smtp over SSL/TLS (ポート465番)
  • smtp over SSL/TLS (ポート25、587番でSTARTTLSによるもの)
  • imap (ポート143番)
  • imap over SSL/TLS (ポート143、993番)

 

LAN側から接続要求を行う通信のうち、次の通信は遮断されることがあります。

  • RFC (事実上の通信プロトコルの標準規約) に従わない通信

 

アンチウイルス、不正な通信対策などの機能を実行するために通信速度が低下することがあります。

不正な通信対策

(IPS:攻撃防御システム)

不正な通信を遮断します。ただし、すべての不正な通信を遮断するものではありません。

まれに、正常な通信を誤検知して遮断することがあります。

不正な通信対策

(アプリケーションの通信禁止)

利用することで情報漏洩やウイルス感染などの可能性がある、特定のアプリケーションによる通信を遮断します。遮断可能なアプリケーションについての詳細は「アプリケーションの対応バージョンについて」で確認してください。アプリケーションは増減する可能性があります。

まれに、指定したアプリケーション以外の通信を誤検知して遮断することがあります。

迷惑メール判定

受信するメールのうち迷惑メールを判定し、判定したメールの件名(タイトル)の先頭に指定された文字列を付与します。

利用のためには、手動で機能をオンにしていただく必要があります。

迷惑メールにもかかわらず迷惑メールと判定されない場合があります。まれに、正常なメールを迷惑メールと判定することがあります。

メール送受信

メール送信可能なメールアドレス数は、ご契約いただいた利用者数が上限です。
初期状態では、送信メールアドレスは自動登録されます。そのため、メールアドレス数以外の制限はかかりません。自動登録の場合には、約2 週間送信しないと、その送信メールアドレスは自動的に抹消されます。それ以前に不要な送信メールアドレスを抹消するためにはお客様の操作が必要です。
送信メールアドレスを手動登録にすることで、指定しないメールアドレス以外からの送信を禁止することができます。メール送信時にメールサービスが送信を拒否した場合には、一旦送信が完了したのちに送信失敗を通知メールでお知らせすることがあります。メール受信に関する制限はありません。

beat-box責任者メール

メール送信数上限のためにメール送信ができない場合など、対処していただく必要がある状況が発生したとき、メールでお知らせします。
メンテナンスや障害情報、また新機能や新サービスをメールでお知らせします。
お客様ごとの固有の情報を含むメールには、詳細情報を含む本機器内のWebページのURLが記載されています。これは、お客様固有情報の盗聴を防ぐためです。このURLを含むメールをbeat-box配下で受信した場合には、本機器がURLの示すWebページの内容をメール本文となるように自動的に変換します。beat-box配下以外で受信した場合には、URLはそのままとなり、その内容を見るためにはbeat-box配下でURLが示すWebページを閲覧する必要があります。
このようにメールがURLを含む場合があるため、一部のプロバイダーの迷惑メール判定において、beat-box責任者メールが迷惑メールと誤判定されることがあります。

セキュリティーレポート

ファイアウォールへの攻撃、不正な通信対策、ウイルス検出、迷惑メール判定に関するレポートを表示できます。また、毎週レポートをbeat-box責任者宛にメールでお送りします。(VPNをご利用の場合は、センター拠点のbeat-box責任者も宛先に含まれます。)

停電が発生すると、レポートの集計値の一部が失われ、正しい値を表示できなくなることがあります。

beat コンテンツフィルター
サービス(オプション)

暴力、アダルト、ギャンブルなどカテゴリーを用意し、指定されたカテゴリーに属するWebページの閲覧を禁止します。手動で閲覧を制限したいカテゴリーやレベルを指定いただく必要があります。

指定したカテゴリーに属すと考えられるすべてのWebページの閲覧が制限されるとは限りません。まれに、属さないWebページの閲覧が制限されることがあります。

beat PC用アンチウイルス
サービス(オプション)

PC用のアンチウイルスソフトウェアをご提供します。ご契約いただいた数量以下のPCにインストールすることができます。サーバー用OSでは動作しません。新種のウイルスは検知できない可能性があります。バージョンアップの際に、再インストールなどを実施していただくことがあります。