#
beatサービス ヘルプ

オプションサービス等 > リモートアクセス > 操作手順について > 接続のセットアップ > 接続定義ファイルの発行

操作の前に

beat設定ページにアクセスして行う設定です。

beat-box責任者が代行する場合

「接続定義ファイル」の発行を代行する場合は、beat-box責任者の権限が必要です。

beat設定ページへbeat-box責任者のアカウントでログインして発行してください。


発行の際には、「PC環境キーファイル」が必要です。

利用者とメールや電話で連絡を取り、リモートアクセス接続する端末の「PC環境キーファイル」の受け取りを行ってください。

各利用者が「自身の設定」を行う場合

「接続定義ファイル」は、beat設定ページにアクセスが可能であれば利用者自身で発行できます。

営業用の持ち出し端末をオフィスで設定している場合などには、beat設定ページへ自身のアカウントでログインして発行してください。


出張先や自宅等の出先で設定している場合などには、beat設定ページにアクセスできないため「接続定義ファイル」を発行できません。

その場合はbeat-box責任者に代行を依頼してください。


発行の際には、「PC環境キーファイル」が必要です。

操作手順

「接続定義ファイル発行」へのアクセス方法

beat設定ページへアクセスします。

 

beat設定ページ 《接続定義ファイル発行》 へのリンク

 

または、「beat設定ページ」のトップページ(“http://beat-box.<お客様ドメイン>:8080/”)から、[設定]、[リモートアクセス管理]、[接続定義ファイル発行]へ進んでください。

ワンポイント

ログイン画面が表示されたら、[ログインID]欄にbeat-boxのログインIDを、[パスワード]欄にbeat-boxのパスワードを入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。

注意

「beat設定ページ」を表示させるには、beat-box配下からアクセスする必要があります。

beat-boxと通信できない環境では、「beat設定ページ」を表示できません。

発行手順詳細

接続定義ファイルの発行手順は、リモートアクセスを利用する端末のOSやbeat-accessの種類によって異なります。

詳細については、以下の発行手順を参照してください。

  1. beat-box責任者が代行している場合は、次の画面が表示されます。

    接続定義ファイルを発行する利用者を選択して、[選択]ボタンをクリックします。


    ※利用者自身のアカウントでログインしている場合は、手順2へ進んでください。

    接続定義ファイル発行1/3
  2. [参照]ボタンをクリックして、リモートアクセスを利用する端末から取得した「PC環境キーファイル」を指定します。

    ファイルの指定が完了したら、[発行]ボタンをクリックします。

    接続定義ファイル発行1/2

    【3個目の接続定義ファイルを発行しようとした場合】

    接続定義ファイルは利用者1人あたり2個までしか発行できません。

    3個目の接続定義ファイルを発行しようとした場合は、以下のエラー画面が表示されます。

    エラー

    [再指定]ボタンをクリックして、無効にする接続定義ファイルのチェック欄にチェックをした上で発行操作を行ってください。

    【beat-box責任者が代行している場合】

    接続定義ファイルの発行をbeat-box責任者が代行している場合、以下の警告画面が表示されます。

    警告

    接続定義ファイルの発行を依頼してきた利用者が、正当な利用者かどうかの本人確認をお願いします。

    本人確認が完了したら、[本人確認を行いました。接続定義ファイルを発行します。]ボタンをクリックしてください。

  3. [接続定義ファイル]のリンクをクリックして、任意の場所に接続定義ファイルを保存します。

    接続定義ファイル発行2/2

    beat-box責任者が代行している場合は、実際にリモートアクセスを利用する利用者(端末)にメールなどで「接続定義ファイル」を送付してください。

※引き続き、サービス利用開始時に行う、初期設定が必要です。


リモートアクセスを利用する端末で、発行した接続定義ファイルを読み込み、接続先のbeat-boxを登録します。

詳細手順については、以下のリンクを参照してください。

接続先の追加